書き順
なりたち
 形声 音符は牙(が)。牙に衺(じゃ・なめた)の音がある。牙は獣の大きな曲がった牙で、まがったものの意味があり、それで邪は正しい形でないもの、「よこしま(正しくないこと)・わるい」の意味となる。邪は阝(おおざと・邑(ゆう)、みやこ、まち)に不正形の意味の牙(が)を音とする字であるから、城壁の方形でないものをいうのであろう。衺は衣の中に音の牙を加えた字で、正常ではない衣服をいう。
そのほか
画 数 8画
部 首 おおざと
音読み じゃ(外)、や(外)・呉音
しゃ、や(外)・漢音
訓読み よこし-ま(外)
用例 邪悪(じゃあく)
邪道(じゃどう)
邪気(じゃき)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
正道と食い違う 邪曲・邪心・邪推・正邪
人に害を及ぼす 邪鬼・邪魔・風邪
なかまのかんじ

牙のある漢字  芽4
阝のある漢字