書き順
なりたち
 会意 赤と攴(ぼく・攵)とを組み合わせた形。赤は大(手足を広げて立つ人を正面から見た形)に下から火を加えて清める儀礼で、穢(けが)れのある者に対して行う懲罰的な穢れを祓(はら)う方法である。さらに木の枝を又(ゆう・手の形)に持つ形の攴を加えて殴(う)ち、罪を祓い清めることを赦という。それが赦免(罪をゆるすこと)の方法であった。赦は「罪をゆるす・ゆるす」の意味に用いる。
そのほか
画 数 11画
部 首 あかへん
音読み しゃ・呉音
しゃ・漢音
訓読み ゆる-す(外)
用例 赦罪(しゃざい)
恩赦(おんしゃ)
容赦(ようしゃ)


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
中国古代の儀式に由来する漢字
土のある漢字
亦のある漢字  赤1 変4
赤のある漢字  赤1
攵のある漢字