書き順
なりたち
 形声 音符は七(しち)。「しっ、しっ」と舌をうちならす音を写した字。舌うちをしながら責めることで、「しかる、ののしる」の意味となる。咤(た・しかる)も同じように舌うちの音を写している。合わせて叱咤(しった)といい、大声で叱ることをいう。
そのほか
画 数 5画
部 首 くちへん
音読み しち(外)・呉音
しつ
訓読み しか-る
用例 叱責(しっせき)
叱咤(しった)
叱正(しっせい)


なかまのかんじ

口のある漢字
匕のある漢字