書き順
なりたち
 形声 音符は咨(し)。咨(はかる、なげく)は祝詞(のりと)を唱え、神になげきながら訴える、なげきはかるの意味であったが、咨は咨唆(しさ)する(なげく)の意味に用いられるようになり、諮の字が作られた。諮は訴えてことを相談するの意味で、「はかる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 16画
部 首 ごんべん
音読み し・呉音
し・漢音
訓読み はか-る(外)
用例 諮議(ぎい)
諮問(しもん)
諮謀(しぼう)


なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
冫のある漢字
欠のある漢字
次のある漢字  次3 資5 姿6