書き順
なりたち
 形声 音符は旨(し)。旨は器中のものを肉切り用の小刀で切る形で、旨(うま)い肉をいう。月(にくづき・肉)と旨とを合わせて、美味な肉であることを示し、美味な肉は脂(あぶら)ののったものであるので、「あぶら」の意味となる。動物のあぶらを脂膏(しこう)というが、脂は肉の中に含まれているあぶら、膏は内臓のあぶらの部分をいう。
そのほか
画 数 10画
部 首 にくづき
音読み し・呉音
し・漢音
訓読み あぶら
用例 脂肪(しぼう)
油脂(ゆし)
皮脂(ひし)


なかまのかんじ

月のある漢字
匕のある漢字
日のある漢字
旨のある漢字  指3