書き順
なりたち
 形声 音符は次(じ)。次は人が口を開いてなげく形。恣は心のままになげくのであろう。それで「気持ちのまま、ほしいまま」の意味となる。恣意(しい、気ままにすること)・自恣(じし・自分の思うままにすること)のように用いる。
そのほか
画 数 10画
部 首 こころ
音読み し・呉音
し・漢音
訓読み ほしいまま(外)
用例 恣意(しい)
専恣(せんし)
放恣(ほうし)


なかまのかんじ

冫のある漢字
欠のある漢字
次のある漢字  次3 資5 姿6
心のある漢字