書き順
なりたち
 形声 音符は朿(し)。朿は先の鋭く尖(とが)った木。これを標木(目印の木)として使用することもあるが、突き刺すのに用いることもある。刺は、「さす、つきさす」の意味で、刺して人を殺すことを刺殺、殺し屋を刺客(しかく・しきゃくともよむ)という。また、風刺・諷刺(ふうし・それとなくそしること)のようにいい、「そしる」に用いる。
そのほか
画 数 8画
部 首 りっとう
音読み し、しゃく(外)・呉音
し、せき(外)・漢音
訓読み さ-す
さ-さる
用例 刺激(しげき)
風刺(ふうし)
名刺(めいし)


なかまのかんじ

朿のある漢字  策6
刂のある漢字