書き順
なりたち
 形声 音符は最(さい)。最は、冃(ぼう)と取とを組み合わせた形。取は戦場で討ち取った者の左耳を手柄の証拠とするために切り取るの意味。切り取った多くの耳を覆うようにしてとり集めることを最という。撮は指先でつまむようにして取ることを撮といい、撮は「つまみとる・つまむ・とる」の意味となる。狭いひとつまみの土地を、「一撮の土」という。今は撮影(写真や映画をとること)の字に用いる。
そのほか
画 数 15画
部 首 てへん
音読み さち(外)・呉音
さつ・漢音
訓読み と-る
用例 撮土(さつど)
撮要(さつよう)
撮影(さつえい)


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
扌のある漢字
日のある漢字
耳のある漢字
又のある漢字