書き順
なりたち
 会意 もとの字は齋、齊(せい)の省略形と示とを組み合わせた形。齊(斉)は祭祀(さいし)に奉仕するときの三本の簪(かんざし)を立てて並べている婦人の髪飾り。示は祭りのときに使う机の祭卓。祭卓の前で祭祀に奉仕することを齋という。それで斎は、「ものいみ(ある期間、食事や外出などをつつしみ心身を清めること)、つつしむ」の意味となる。
そのほか
画 数 11画
部 首 せい
音読み せ(外)・呉音
さい・漢音
訓読み -
用例 斎日(さいじつ)
斎田(さいでん)
書斎(しょさい)


なかまのかんじ

亠のある漢字
文のある漢字 
文1 対3 済6
斉のある漢字  済6
小のある漢字
示のある漢字