書き順
なりたち
 形声 音符は、采(さい)。采は木の上に手(爪(そう)。指先の意味)を加えて、木の実を手で採るの意味である。采は草木から色をとる。色どりの意味にも用いられるようになる。彡(さん)は色や形が美しいことを示す記号のような文字。采にすでに、色どりの意味があるが、色どりの美しさを示すためにさらに彡をくわえて彩となり、「いろどる、あや、美しいいろどり、いろどり」の意味に用いる。
そのほか
画 数 11画
部 首 さんづくり、けかざり
音読み さい・呉音
さい・漢音
訓読み いろど-る
用例 彩雲(さいうん)
彩色(さいしき)
彩文(さいもん)


なかまのかんじ

爪のある漢字
木のある漢字
采のある漢字  菜4 採5
彡のある漢字