書き順
なりたち
 会意 爪(そう)と木とを組み合わせた形。木の上に手(爪は指先)を加えて、木の実を手で摘み取ることをいい、「とる」の意味となる。また草木から色をとる「いろ、いろどり」という意味にも用いられ、采章(色彩と文様)のようにいう。のち、色や形が美しいことを示す記号のような文字の彡(さん)をそえた形声の字の彩が、「いろどり、あや」の意味に使用されるようになった。また、「とる」の意味には手へんを加えた形声の字の採が使われるようになった。
そのほか
画 数 8画
部 首 つめかんむり
音読み さい・呉音
さい・漢音
訓読み と-る(外)
いろどり(外)
用例 采衣(さいい)
風采(ふうさい)
納采(のうさい)


なかまのかんじ

爪のある漢字
木のある漢字
采のある漢字  菜4 採5