書き順
なりたち
 会意 云(うん)と鬼とを組み合わせた形。云は雲のもとの字で雲気(雲、雲状のもの)の形。鬼は死んだ人の人鬼で、霊となって霊界にあるものをいう。「たましい」をいう。人のたましいは、死後に雲気となり、霊界に入るものとされた。これに対して、身は死んで形骸(けいがい・骨)となってその姿が残る。これを魄(はく・たましい。からだ)という。白は白くなった頭骨の形である。魂は、「こころ」の意味にも使い。魂胆(心中ひそかに考える計画)・詩魂(詩の境地。詩をつくる心)のようにいう。
そのほか
画 数 14画
部 首 きにょう
音読み ごん(外)・呉音
こん・漢音
訓読み たましい
用例 霊魂(れいこん)
魂胆(こんたん)
精魂(せいこん)


なかまのかんじ

厶のある漢字
云のある漢字
雲2 会2 絵2 転3 芸4 伝4
田のある漢字
儿のある漢字
鬼のある漢字