書き順
なりたち
 形声 音符は艮(こん)。艮は目の下に後ろ向きの人の形(匕・ひ)をかく。目は人に呪(のろ)いをかけ、災いを与える力を持つ呪眼。これが神が天に陟(のぼ)り降りするときに使う神の梯(はしご)(𨸏。ふ・阝でもとの形は)の前に掲げられている形が限で、ここを極限として中に進むことができないで、退却している形が艮である。進もうとして進めなく退くときの不本意な心を恨という。それで恨は、「うらむ・にくむ」の意味となる。
そのほか
画 数 9画
部 首 りっしんべん
音読み ごん(外)・呉音
こん・漢音
訓読み うら-む
うら-めしい
用例 悔恨(かいこん)
遺恨(いこん)
痛恨(つうこん)


なかまのかんじ

忄のある漢字
艮のある漢字