書き順
なりたち
 形声 音符は句(く)。勹(ほう・体を曲げている人を横から見た形で、体を曲げている死者の形)と口( さいで、神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)とを組み合わせた形の句は、もと屈肢葬をいう語で、小さく曲がったものという意味がある。駒は「こま(子馬)、こうま」をいう、また、すべて「うま」の意味に用いる。犬の子を狗(く・こいぬ、いぬ)という。
そのほか
画 数 15画
部 首 うまへん
音読み く(外)・呉音
く(外)・漢音
訓読み こま
用例 白駒(はっく)
駒隙(くげき)
駒歯(くし)


なかまのかんじ

れんがのある漢字
馬のある漢字
勹のある漢字
口のある漢字
句のある漢字  句5 敬6 警6