書き順
なりたち
 形声 音符は告(こく)。「説文」に、「酒味厚きなり」とあって、酒の味が濃厚なことをいう。アルコール度が高く、濃い酒をいうのであろう。のち転じて、ことの程度が、「きびしい・はげしい・ひどい」ことを酷という。
そのほか
画 数 14画
部 首 ひよみのとり
音読み こく・呉音
こく・漢音
訓読み きび-しい(外)
むご-い(外)
ひど-い(外)
用例 酷似(こくじ)
苛酷 (かこく) 
残酷(ざんこく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
むごい。ひどい 酷評・酷使・酷薄・冷酷
程度がひどい 酷寒・酷似・酷暑・酷熱
なかまのかんじ

酉のある漢字
口のある漢字
告のある漢字  告4 造5