書き順
なりたち
 形声 音符は敖(ごう)。方は横にわたした木に死者をつるした形。土は長髪をあわらし、昔、長髪にしているのは長老であった。敖の右の攴(ぼく・攵)は殴(う)つの意味であるから、長老の屍(しかばね)をうち、その霊によって敵をのろう呪儀(じゅぎ)をいう。傲も呪霊(じゅれい)によって威圧することをいう。それでのちに「おごる、あなどる」の意味になる。
そのほか
画 数 13画
部 首 にんべん
音読み ごう・呉音
ごう・漢音
訓読み おご-る(外)
あなど-る(外)
用例 傲満(ごうまん)
傲然(ごうぜん)
傲誕(ごうたん)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
イのある漢字
土のある漢字
方のある漢字
攵のある漢字