書き順
なりたち
 形声 音符は考(こう)。この字は「説文」にみえず、「玉篇」に至って、「打つなり」とみえる。罪人を拷(う)って取り調べることを拷といい、「うつ、たたく」の意味となる。取り調べにあたって、杖(つえ)で打ったり、指をはさんで痛める(拶指・さっしという)など種々の方法で拷問(犯罪を白状させる目的でひどい内容的苦痛を与える)することがあり、その責め道具を拷具という。
そのほか
画 数 9画
部 首 てへん
音読み こう(外)・呉音
こう(外)・漢音
ごう・慣用音
訓読み う-つ
用例 拷問(ごうもん)
拷供(ごうきょう)
拷認(ごうにん)


なかまのかんじ

扌のある漢字
土のある漢字
おいがしらのある漢字
考のある漢字  考2