書き順
なりたち
 形声 音符は冓(こう)。冓は同じ形の飾り紐を上下につなぎ合わせた形で、結び合わせるの意味がある。飾り紐を結び合わせるという象徴的な方法で結婚式を示し、結婚のことを婚媾(こんこう)という。貝(ばい)は子安貝(こやすがい)の形で、南海産の子安貝は貴重なものであったので、古代中国では貨幣として使用された。上下を結合するように、両者の間で売買の関係が成立することを購という。購は物を購入する、「かう」の意味であが、必要な物を手に入れるのに、古くは物と物との交換によることが多かったのである。
そのほか
画 数 17画
部 首 かいへん
音読み く(外)・呉音
こう・漢音
訓読み か-う(外)
用例 購求(こうきゅう)
購買(こうばい)
購読(こうどく)


なかまのかんじ

貝のある漢字
目のある漢字
八のある漢字
冉のある漢字  構5 講5 再5
冓のある漢字  構5 講5