書き順
なりたち
 形声 音符は交(こう)。交は足を組んで立っている人を正面から見た形で、すべてのものを交叉することをいう。「説文」に「縊(くび)るなり」(首を絞めるなり)とある。縊(い)は糸を結び締める意味。首を絞めて殺すことを絞首といい、その刑罰を絞首刑という。絞は、「くびる・しめる」の意味であるが、国語では、「しぼる」と読み、絞(しぼ)り染(ぞ)め(布をところどころ糸でくくったりして、その部分の地色がのこるようにする染め方)、絞(しぼ)り滓(かす)、知恵を絞るのようにいう。
そのほか
画 数 12画
部 首 いとへん
音読み ぎょう(外)・呉音
こう・漢音
訓読み しぼ-る
し-める
し-まる
用例 絞罪(こうざい)
絞殺(こうさつ)
絞首(こうしゅ)


なかまのかんじ

人体に由来する漢字
小のある漢字
糸のある漢字
なべぶたのある漢字
父のある漢字  校1 交2 父2 効5
交のある漢字  校1 交2 効5