書き順
なりたち
 形声 音符は更(こう)。「説文」に、「山枌楡(やまふんゆ)なり」とあり、落葉高木の「やまにれ」をいう。梗正(強く正しいこと)・梗塞(こうそく・ふさがって通じないこと)・梗礙(あらまし、あらすじ)のように、「つよい、ふさぐ、あらい」などの意味に用いる。桔梗(けつこう・きっこうともよむ)は、秋の七草の一つであるキキョウをいう。
そのほか
画 数 11画
部 首 きへん
音読み きょう(外)・呉音
こう・漢音
訓読み ふさぐ(外)
やまにれ(外)
おおむね(外)
用例 花梗(かこう)
梗塞(こうそく)
桔梗(ききょう)


なかまのかんじ

植物の漢字
木のある漢字
日のある漢字
更のある漢字  便4