書き順
なりたち
 形声 音符は工(こう)。「説文」に「功を獻ずるなり」とあり、生産品(功)を貢納する意味とする。𪽾(はく)は布𪽾(織物)を貢納する意味であるから、貢は百工(各種の工人)が作る生産物を貢納する意味であろう。「周礼」に祀(し)・嬪(ひん)・器・幣・材・貨・服・斿(ゆう・旗)・物(ぶつ)を九貢とよんでおり、これらはすべて貢ぎ物であった。
そのほか
画 数 9画
部 首 おおざと
音読み く(外)・呉音
こう・漢音
訓読み みつ-ぐ
みつぎもの(外)
用例 貢献(こうけん)
朝貢(ちょうこう)
年貢(ねんぐ)


なかまのかんじ

工のある漢字
八のある漢字
目のある漢字
貝のある漢字