書き順
なりたち
 形声 音符は交(こう)。交は足を組んで立っている人を正面から見た形で、二つのものが相接するという意味があり、郊とは他の邑(ゆう)と相接するするようなところをいう。阝(おおざと)は邑の省略形。古代の邑は今の村にあたる。それで郊は、「まちはずれ」の意味となる。また国境の異族と接している所の意味があり、このような地は外からの邪霊が入りこむおそれがあるため、邪気を祓う儀式を行った。
そのほか
画 数 9画
部 首 おおざと
音読み きょう(外)・呉音
こう・漢音
訓読み まちはずれ(外)
用例 郊外(こうがい)
近郊(きんこう)
郊邑(こうゆう)


なかまのかんじ

なべぶたのある漢字
父のある漢字  校1 交2 父2 効5
交のある漢字  校1 交2 効5
阝のある漢字