書き順
なりたち
 形声 音符は工(こう)。工は虹(こう・にじ)の字が示すように、虹(にじ)の形のようにゆるやかで反(そ)りのある半円形のものをいう。中国では北方の川は河、南方の河は江とよぶことが多い。江の名は古い中国の書物の「詩経」や「書経」にみえるが、およそ二千二百年前の秦(しん)代の金文に長江(揚子江(ようすこう)ともいう)のことを江と呼んでいる。長江が中流から下流にかけてゆるやかに湾曲する形であることは古くから知られていたのであろう。江は「かわ」、長江の意味に用いる。国語では、「え」とよみ、入り江(海・湖などの陸地にはいり込んでいる所)のようにいう。
そのほか
画 数 6画
部 首 さんずい
音読み こう・呉音
こう・漢音
訓読み
かわ(外)
とうみ(外)
用例 江河(こうが)
江湖(ここ)
大江(たいこう)


なかまのかんじ

自然の漢字
氵のある漢字
工のある漢字