書き順  
なりたち
 象形 糸かせに木を通して拗(ね)じっている形。幼は拗(おう・ねじる)のもとの宇である。拗転(おうてん・ねじる)するがもとの意味で、「おさない」の意味に用いるのはその音を借りる仮借(かしゃ)の用法である。「礼記」に「人生まれて十年を幼と曰(い)ふ。學(まな)ぶ」とあり、十歳のとき初めて先生に学ぶことから、転じて、幼学とは十歳をいう。
そのほか
学 年 6年
画 数 5画
部 首 いとがしら
音読み ゆう(外)、よう・呉音
ゆう(外)、よう・漢音
訓読み おさな-い
用例 幼少(ようしょう)
幼童(ようどう)
幼児(ようじ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おさない 幼少・幼時・幼稚・幼年
おさない子 長幼・童幼・老幼
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
幺のある漢字
力のある漢字