書き順  
なりたち
 会意 垂(すい)と邑(ゆう)とを組み合わせた形。垂は草木の花や葉が垂れ下がる形で、辺陲(へんすい・辺境)の地をいう。「説文」に「境上に書を行(や)るの舎(しゃ)なり」とあり、辺境に文書を送るための「宿場」をいう。辺境への通路に駅舎(宿場の建物)をおくことを置郵といい、その駅舎で旅券などを確認した。いま郵便(手紙・葉書や小包などを伝達する制度)・郵送(郵便で送ること)・郵券(郵便切手のこと)のように用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 11画
部 首 おおざと
音読み う(外)・呉音
ゆう・漢音
訓読み しゅくば(外)
用例 郵船(ゆうせん)
郵書(ゆうしょう)
郵政(ゆうせい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ゆうびん 郵券・郵送・郵袋・郵便
しゅくば 郵亭
なかまのかんじ

建物の漢字
垂のある漢字  垂6 郵6
阝のある漢字