書き順  
なりたち
 形声 音は莫(ぼ)。「説文」に「法なり」とあり、模範(型。また、見ならうべき手本)の意味とする。上から被(かぶ)せて竹で作る型を範といい、木で作る「かた」を模という。手でさぐることを摸(も)という。「かたどる、のっとる」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 14画
部 首 きへん
音読み も・呉音
ぼ・漢音
訓読み かた(外)
用例 模作(もさく)
臨模(りんも)
模刻本(もこくぼん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひな型・手本 模型・模範
形・ようす 模様
のっとる・まねる 模擬・模写・模造・模倣
はっきりしない 模糊曖昧
全体の形や大きさ 規模
なかまのかんじ

木のある漢字
艹のある漢字
日のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
莫のある漢字  墓5 暮6 幕6 模6