書き順  
なりたち
 象形 手足を折り曲げている死者の骨の形。それで「しぬ」の意味となる。亡は屈肢葬の形、あるいは草の間で白骨化した屍(しかばね)ともみられ、その屍になお頭髪が残っている形がコウ(荒の草冠のない字)で、巟(こう)が草野にうち棄てられている状態を荒という。亡命(戸籍を抜けて逃げること。国外に逃亡すること)のように、「にげる」の意味に用い、また亡絶・滅亡(滅びること)のように「ほろびる」の意味に用いる。「ない、なし」の意味は、その音を借りる仮借の用法である。无(む・ない、なし)は亡の異体の字である。
そのほか
学 年 6年
画 数 3画
部 首 なべぶた
音読み もう(高)・呉音
ぼう・漢音
訓読み な-い(高)
用例 亡失(ぼうしつ)
興亡(こうぼう)
亡者(もうじゃ)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ほろびる 亡国・興亡
うしなう 亡国・焼亡・衰亡・存亡
死ぬ 亡妻・亡父・亡霊・死亡
にげる 亡命・亡羊・逃亡・流亡
なかまのかんじ

人体に由来する漢字
亠のある漢字
亡のある漢字 
望4 亡6 忘6
氵のある漢字