書き順  
なりたち
 形声 音符はふく(下図)。ふくは容量をはかる量器を逆(さか)さまにした形で、その量器は器腹の大きなものである。体の部分を示す月(肉)を加えた腹は、人の身体のうちで最も大きく太い部分の「はら」をいう。「説文」に「厚きなり」とあり、腹部の肉の厚いの意味とする。「こころ」の意味にも用いる。
ふく
そのほか
学 年 6年
画 数 13画
部 首 にくづき
音読み ふく・呉音
ふく・漢音
訓読み はら
用例 腹心(ふくしん)
腹案(ふくあん)
満腹(まんぷく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
はら 腹痛・空腹・口腹・筋腹
母親の胎内 異腹・同腹
物の中ほど 山腹・中腹・船腹
心。胸のうち 腹心・腹蔵・剛腹・心腹
ふところ 私腹
なかまのかんじ

人体の漢字
道具に由来する漢字
月のある漢字
日のある漢字
夂のある漢字
畐(フク)のある漢字  復5 複5 腹6