書き順  
なりたち
 形声 音符は市(はい)。市のもとの形は𣎵(はい)で、草本が伸びて茂り、ゆれ動くことををいう。肺は呼吸の働きによって動くものである。最も大切な呼吸器官である「肺臓(はい)」の意味に用いる。また「こころ」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 9画
部 首 にくづき
音読み ほ(外)・呉音
はい・漢音
訓読み こころ(外)
用例 心肺(しんぱい)
肺門(はいもん)
肺葉(はいよう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
五臓の一つ 肺臓・肺炎・肺活量
心のなか 肺腑・肺肝
なかまのかんじ

人体の漢字
亠のある漢字
月のある漢字
市のある漢字  市2 姉2 肺6 氵のある漢字