書き順  
なりたち
 形声 音符は忍(にん)。「説文」に「訒(にん)は頓(なや)むなり」とあり、「説文」や「広雅」などの古い辞書にはもとの訒はあるが、認の字はまだみえない。「三国志」に、牧が自分で開墾した二十余畝(ほ)の田に稲が実るころ、「縣民(けんみん)に之(こ)れを識認するもの有り」とあり、そこで牧は実った稲を県民に与えたという話がのっている。認識とは。その稲の所有権を主張するの意味に使っている。他にも認を所有権を主張するの意味に使っている例がある。のちその主張を「みとめる」の意味に使うようになった。
そのほか
学 年 6年
画 数 14画
部 首 ごんべん
音読み にょう(外)、にん(中)・呉音
じょう(外)、じん(外)・漢音
訓読み みと-める
用例 認可(にんか)
承認(しょうにん)
容認(ようにん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
見きわめる 認識・確認・誤認・視認
承知する 認定・公認・信認・是認
したためる 認める
「認め印」の略 認(みとめ)め
なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
刀のある漢字
刃のある漢字  認6
心のある漢字