書き順  
なりたち
 形声 音符は者(しゃ)。者に楮(ちょ・こうぞ)・箸(ちょ・はし)の音がある。者は外部からの侵入者から集落を守るためのお土居(どい・土の垣)で、お土居の中の各所にまじないのお札のように曰(エツ・書)が埋められている。それは曰(書)によって、侵入者を防ぐ呪力(じゅりょく・まじないの力)をお土居に附着させる(くっつける)ことができると考えられたからである。それで著は「つく、つける」の意味となる。その呪力が顕著(いちじるしいこと)であり、著明(あきらかなこと)であるから「いちじるしい、あきらか」の意味となり、あきらかにすることから「かきしるす、あらわす」の意味となる。着(ちゃく)は著とも同じ字であるが、着は俗字で、両字は使用する習慣が異なる。着は「きる、身につける、つく、いたる」の意味に用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 11画
部 首 くさかんむり
音読み ちょ・呉音
ちょ・漢音
訓読み あらわ-す(中)
いちじる-しい(中)
用例 著作(ちょさく)
著者(ちょしゃ)
著名(ちょめい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
書きつける 著作・著者・共著・著述
あらわした書物 新著・名著・旧著・高著
いちじるしい 著名・著聞・顕著・著効
つく・つける 著心・著到
なかまのかんじ

艹のある漢字
土のある漢字
耂のある漢字
日のある漢字
者のある漢字
者3 暑3 都3 署6 諸6 著6