書き順  
なりたち
 形声 もとの字は擔に作り、音符は詹(たん)。「説文」には儋(たん)の字を出して「何(にな)ふなり」とあり、擔を俗語として、担を略語とするが、のち多く擔の字を用いる。「かつぐ、になう、おう」の意味に用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 6画
画 数 8画
部 首 てへん
音読み たん・呉音
たん・漢音
訓読み かつ-ぐ(高)、にな-う(高)
用例 担送(たんそう)
担務(たんむ)
担保(たんぽ)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
肩にかつぐ 担架・担夫・荷担
引き受ける 担税・担当・担任・分担
味方する 加担
なかまのかんじ

扌のある漢字
日のある漢字
旦のある漢字 
昼2 量4 宣6 担6