書き順  
なりたち
 会意 才と子とを組み合わせた形。才は表示として立てた標木(目印の木)の上部に横木をつけ、そこに( さい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)をつけた形で、標木を立てて場所を聖化する儀式で、在のもとの字である。在は才に聖器として士(小さな鉞(まさかり)の頭部の形)を加え、その場所が神聖な場所としてあることを確認している。才に子を加えた存は聖化の儀式によって、子が聖化されて子の存在が保障されることを示し、「ある、神聖なものとしてある、いきる、たもつ」の意味となる。存心(心に思うところ、考え)・存問(安否を問うこと)のように、「おもう、とう」の意味に用いる。存在(現実にそこにあること)とは、もと聖化されてきよめられたものとしてあるの意味であった。
そのほか
学 年 6年
画 数 6画
部 首 こ、こへん
音読み そん・呉音
ぞん・漢音
訓読み あ-る
用例 共存(きょうぞん)
残存(ざんぞん)
存在(そんざい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ある 現存・存続・依存・既存
保ち持つ 恵存 
尋ねる 存問
保ち持つ 温存・保存 
ながらえる 実存・生存・存生 ・存命
心得る 存外・異存・一存・所存
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
ナのある漢字
才のある漢字  才2 材4 在5 財5 存6 閉6
子のある漢字

上033