書き順  
なりたち
 形声 音符は喿(そう)。喿は多くの口(さいで神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)を木につけ、神に捧(ささ)げて祈ることをいう。そのさわがしく祈り立てることを噪(そう・さわぐ)という。さわぎたてて神に祈ることを譟(そう・さわぐ)という。またあせって祈ることを懆(そう・うれえる)という。多くのさいをつけた木を手にかたく持ち、あやつって願いごとが実現するように一心に祈ることから、「とる、もつ、あやつる」の意味となり、「みさお(意志をかたく守って変えないこと) 」の意味に用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 16画
部 首 てへん
音読み そう・呉音
そう・漢音
訓読み みさお(高)、あやつ-る(中)
用例 操作(そうさ)
徳操(とくそう)
操業(そうぎょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
手先でうまく扱う 操作・操車・操縦・操船
体を鍛えること 操練・体操 
変えない志 操守・志操・情操・節操
みさお 操行・節操
なかまのかんじ

扌のある漢字
口のある漢字
木のある漢字