書き順  
なりたち
 会意 丰(ほう)と关(そう)とを組み合わせた形。丰は神の憑(よ)りつく(乗り移る)上に伸びた木の枝。关は両手でものを捧げて献上する形であるから、奏は神に捧げる形で、もと音楽を奏で、神にすすめるの意味であろう。「礼記」 に「奏して食す」と、奏楽(音楽を奏でること)したのちに饗食(きょうしょく・会食)するとある。神事の前後には奏楽することが通例であった。古い文献には、儀礼の前後に金奏するとあるが、金奏とは神を降(くだ)し、神を送るときに鐘(かね)を鳴らすことである。音楽を「かなでる」の意味のほかに、のち神前や尊貴の人に「もうしあげる、もうす」の意味に用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 9画
部 首 だいかんむり、だいがしら
音読み す(外)・呉音
そう・漢音
訓読み かな-でる
用例 奏功(そうこう)
変奏(へんそう)
独奏(どくそう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
申し上げる 奏上・執奏・上奏・内奏
楽器をかなでる 演奏・合奏・間奏・吹奏
成果を得る 奏功・奏効
なかまのかんじ

三のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
夭のある漢字  橋3 笑4 奏6