書き順  
なりたち
 象形 崖(がけ)の下から流れ落ちる水の形。「説文」に「水源なり。水の流出して川を成す形に象(かたど)る」とあり、「源泉(いずみ)、わきみず」をいう。原は泉に厂(カン・崖の形)を加える形で、源(みなもと)をいう字である。銭(せん)と音が通じるので、王莽(おうもう)の時(一世紀)に銭貨を貨泉といい、貨泉の字を分けて「白水(泉)眞人(貨を眞と人の形に分ける)」といった。
そのほか
学 年 6年
画 数 9画
部 首 みず
音読み ぜん(外)・呉音
せん・漢音
訓読み いずみ
用例 温泉(おんせん)
飲泉(いんせん)
鉱泉(こうせん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
いずみ 泉水・渓泉・神泉・清泉
穴あき銭 泉貨・刀泉 
温泉の略 泉質・塩泉・間欠泉
あの世・ めいど 泉下・黄泉
和泉の国の略 泉州
4。「」
なかまのかんじ

自然の漢字
白のある漢字
水のある漢字
泉のある漢字  線2 泉6