書き順  
なりたち
 形声 音符は司(し)。司はさい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)を取り扱うことを示す形。詞はおそらくその祈りの文を示すものであろう。「楚辞」に「重華(ちょうか・殷(いん)の祖先神の舜(しゅん))に就(つ)きて、(舜を祭っている九嶷山(きゅうぎざん)に赴いて)詞(ことば)を陳(の)べん」とあって、神に対して陳(の)べる語、祈ることばを詞という。「いのることば、ことば」の意味に用いるが、のちひろく詩や文の意味にも用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 12画
部 首 ごんべん
音読み じ(外)・呉音
し・漢音
訓読み ことば
用例 作詞(さくし)
詞曲(しきょく)
助詞(じょし)
なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
司のある漢字  司4 飼5 詞6