書き順  
なりたち
 形声 もとの字は蠶に作り、音は朁(さん)。「説文」に「絲(いと)を任(は・吐)く蟲(むし)なり」とあって「かいこ」をいう。甲骨文字はかいこを象形的にかいており、また、桑の葉の上に蚕の形の虫を加えているものがある。また甲骨文には蚕示(さんじ・蚕の神)を祀(まつ)ることをしるしているものがあり、三千数百年前の殷(いん)王朝の時代に養蚕(かいこを飼い育てて繭(まゆ)をとること)が行われていた。養蚕は農耕とともに重要な産業とされて、周王朝では王后夫人によって親蚕の儀礼が行われ、神衣、祭衣を織る定めであった。絹は中国の特産物として輸出され、内陸アジアを横断して地中海沿岸地方に至る通商路のシルク・ロード(絹の道)が開かれた。
そのほか
学 年 6年
画 数 10画
部 首 むし
音読み ぞん(外)、てん(外)・呉音
さん、てん(外)・漢音
訓読み かいこ
用例 天蚕(てんさん)
原蚕(げんさん)
蚕食(さんしょく)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
カイコガの幼虫 蚕糸・養蚕・蟻蚕・原蚕
かいこ 蚕蛾・蚕棚
なかまのかんじ

動物の漢字
ナのある漢字
大のある漢字
天のある漢字  天1 送3 関4 笑4 蚕6 奏6 口のある漢字
虫のある漢字