書き順  
なりたち
 形声 音符は𢦏(さい)。𢦏は戈(ほこ)が作られたときその刃の上に才(神聖な標(しるし))をつける形で、ものを祓(はら)い清め、ことを始めるという意味がある。はじめて布を裁(た)つ(衣服を作るために布を切り揃える)ことを裁という。裁ち合わせて衣服とするので、裁制(作ること)・裁察(物事を処理すること)のように、「きりもりする、さばく、きめる」の意味があり、裁決(裁いて申し渡すこと)・裁断(事がらのよしあしをはっきりと決めること)のように用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 12画
部 首 ころもへん
音読み ざい(外)・呉音
さい・漢音
訓読み た-つ(中)、さば-く
用例 裁定(さいてい)
決裁(けっさい)
裁可(さいか)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
布を断ち切る 裁断・和裁
さばく・処理する 裁決・裁判・仲裁・独裁
ようす・外見 体裁
裁縫のこと 洋裁・和裁
「裁判所」の略 家裁・高裁
なかまのかんじ

武器に由来する漢字
十のある漢字
土のある漢字
戈のある漢字
𢦏のある漢字  裁6
亠のある漢字
衣のある漢字