書き順  
なりたち
 形声 音符は亥(がい)。亥は骸(がい・なきがら)・核(かく・たね)の字からも知られるように、骨骼(こっかく)のあらわれるようなもの形のものをいう。亥はもと獣の形であるから、獣の死体を刀(刂・りっとう)を使って切り解く、「きざむ」ことをいう字であろう。獣の死体を刻剥(こくはく・皮や肉を削り取る。しいたげる)ことから、「きびしい、むごい」の意味となる。また器にきざんで時を計るので、「とき(時刻)」の意味に用いる。
そのほか
学 年 6年
画 数 8画
部 首 りっとう
音読み こく・呉音
こく・漢音
訓読み きざ-む
用例 時刻(じこく)
定刻(ていこく)
初刻(しょこく)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
きざむ・ほりつけ 刻印・彫刻・陰刻・篆刻 
書物を刊行する 板刻・復刻・覆刻・翻刻
むごい・ひどい 刻苦・刻薄・深刻
水時計のきざみ目 漏刻
とき・時間 刻限・先刻・即刻・遅刻
昔の時間の単位 下刻・上刻・午の刻
なかまのかんじ

亠のある漢字
亥のある漢字  刻6
刂のある漢字