書き順  
なりたち
 会意 耂(老を省略した形)と子を組み合わせた形。耂は長髪の老人を横から見た形である。これに子をそえて、子どもが老人によく仕えるの意味となり、「親おもい、孝行(親によく仕えること)」をいう。孔子以前の周王朝時代の青銅器の銘文(金文)では、孝はよく祖先に使え、祖先をまつるという意味に使われることが多かった。孔子に始まる儒家は孝をその礼教(儀礼と教化)の基本の徳目として最も重んじ、のち「孝経」(孔子と弟子の曾子(そうし)との問答形式で、孝について説いた書物)が編纂(ヘンサン)された。
そのほか
学 年 6年
画 数 7画
部 首 こ、こへん
音読み きょう・呉音
こう・漢音
訓読み おもいやり(外)
用例 孝行(こうこう)
大孝(たいこう)
不孝(ふこう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
親によく仕える 孝子・孝心・忠孝・至孝
孝行者 二十四孝
なかまのかんじ

人体に由来する漢字
おいがしらのある漢字
子のある漢字
孝のある漢字 教2 孝6