書き順  
なりたち
 形声 音符は呉(ご)。呉はさい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)を掲げて、舞いながら祈る人の形で、神を楽しませることをいう。熱心に祈り舞い、神がかりのうっとりした状態のなかで発することばは、正常でない誤ったことばや人を誤らせることばが多いので、誤は「あやまる、あやまり」の意味となる。
そのほか
学 年 6年
画 数 14画
部 首 ごんべん
音読み ご・呉音
ご・漢音
訓読み あやま-る
用例 誤差(ごさ)
誤解(ごかい)
過誤(かご)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
あやまり 誤字・正誤・誤報・錯誤
なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
八のある漢字
呉のある漢字  誤6