書き順  
なりたち
 形声 音符は匈(きょう)。匈が胸のもとの字であった。匈は人の胸に×形の文身(ぶんしん・一時的にかく入れ墨)を加えた形。人が死亡すると悪い霊がその死体にはいりこまないように朱色で×形の文身をかいて呪禁(じゅきん・まじない)した。その字は凶で、それに人の全身から横を見た形の勹(ほう)を加えて匈となり、さらに 身体の部分である意味の月(にくづき・肉)を加えて胸となった。凶は「わるい、わるいこと」、匈・胸は「むね」の意味である。
そのほか
学 年 6年
画 数 10画
部 首 にくづき
音読み く・呉音
きょう・漢音
訓読み むね、むな(中)
用例 胸中(きょうちゅう)
胸部(きょうぶ)
胸囲(きょうい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
むね 胸骨・胸壁・胸郭・気胸
胸のうち・心 度胸・胸襟・胸底・胸裏 
なかまのかんじ

人体の漢字
月のある漢字
勹のある漢字
凵のある漢字
凶のある漢字  胸6 脳6