書き順  
なりたち
 形声 もとの字は擴に作り、音は廣(こう・広)。広(ひろい)は形容詞であるが、手(手へん)を加えて動詞とし、そのために音が少し変化したのであろう。広いは広く大きな建物をいう、それで拡は、「広くて大きくする、ひろめる」の意味の動詞として使う。彉(こう)は弓を張ってひきしぼること。
そのほか
学 年 6年
画 数 8画
部 首 てへん
音読み かく・呉音
かく・漢音
訓読み ひろ-がる(外)
ひろ-げる(外)
用例 拡大(かくだい)
拡散(かくさん)
拡張(かくちょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひろがる 拡充・拡幅・拡声器
「拡張」の略 軍拡
なかまのかんじ

扌のある漢字
广のある漢字
ムのある漢字
広のある漢字  広2 鉱5 拡6