書き順  
なりたち
 仮借 我は鋸(のこぎり)の形。もと刃にぎざぎざのある鋸を意味する字であったが、一人称の代名詞「われ」として使うようになった。それで、我に代えて、のこぎりを意味する字として形声の字である鋸(きょ)が作られた。我が鋸の形であることは、義・羲が犠牲(いけにえ)として供えるために羊を我(のこぎり)で切る形であることから知られる。義はいけにえとして神にささげるための羊、羲は犠牲の羊の後ろ足が垂れて残っている形である。代名詞にはそれを示す適確な方法がなく、すべてその音を借りる仮借(かしゃ)の用法である。
そのほか
学 年 6年
画 数 7画
部 首 ほこ、ほこづくり
音読み が(中)・呉音
が(中)・漢音
訓読み われ、わ(中)
用例 没我(ぼつが)
自我(じが)
無我(むが)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
自分・自己 我田引水・彼我・没我
自分本位 我意・我利・我流・我見
インド哲学で自我 大我
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
戈のある漢字
我のある漢字  議4 義5 我6