書き順  
なりたち
 会意 延の中と廴(いん)とを組み合わせた形。延の中の字は乏(ぼう)ともと同じ形で、死者が手足を折り曲げている形。廴は細長い道。死者を埋葬した玄室(棺をおく室)につづく長い地下の道を延道(羨道(えんどう)ともいう)という。古代中国の王の玄室は地下深い所に作られたのである。ゆるやかに地下の玄道にまで延びる道であるので、延は「のびる、のばす、つらなる」の意味である。
そのほか
学 年 6年
画 数 8画
部 首 えんにょう
音読み えん・呉音
えん・漢音
訓読み の-ばす、の-びる
の-べる
用例 延長(えんちょう)
延会(えんかい)
圧延(あつえん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
のばす・ひろがる 延命・延焼・延長・延命
のびて遅れる 延期・延滞・順延・遅延
ひく・ひきいれる 延見
重複を含めた数 延べ人数
なかまのかんじ

建物に由来する漢字
卜のある漢字
止のある漢字
廴のある漢字  庭3 建4 健4 延6 誕6