書き順
なりたち
 象形 亀の甲の形。亀の腹の甲羅には縦に貫く縫線(ほうせん)があり、これと交わる横の縫線がある。最も古い形は縫線の交わる十の形である。のちに亀の甲羅の上半分の輪郭を加えて甲の形となった。亀が堅い甲羅をつけているように、鎧で武装することを甲といい、兜をかぶることも甲という。それで甲は、「よろい・かぶと」の意味となる。甲は十干の第一であるから、「きのえ・第一・首位」の意味となる。
そのほか
画 数 5画
部 首 こへん
音読み きょう(外)・呉音
こう・漢音
かん・慣用音
訓読み きのえ(外)
用例 亀甲(きっこう)
甲種(こうしゅ)
甲板(かんぱん)


なかまのかんじ

田のある漢字
甲のある漢字