書き順
なりたち
 形声 音符は其(き)。其に期(ご・とき)の音がある。碁は正方形の盤に、縦横十九路を画き、白・黒の石を使って争う遊戯で、烏鷺(うろ)ともいう。秦・前漢の時代(紀元前三世紀から同一世紀)の頃から行われており、わが国には遣唐使の吉備真備によって、八世紀に伝えられた。平安時代には女性の遊びとなり「源氏物語絵巻」には、その場面が描かれている。
そのほか
画 数 13画
部 首 いし
音読み ぎ(外)、ご・呉音
き(外)・漢音
訓読み -
用例 囲碁(いご)
碁盤(ごばん)
碁石(ごいし)


なかまのかんじ

八のある漢字
其のある漢字  期3 旗4 基5
口のある漢字
石のある漢字