書き順
なりたち
 形声 音符は古(こ)。古はさい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)の上に聖器としての干(たて・盾)を置いて、 さいを守り、祈りの効果を長く保たせることをいう。それで、古に「ふるくからのもの、ふるい」の意味がある。あまり古く長い時間がたつと木は枯れ、水は涸(か)れるのである。「かれる、かわく」の意味に用いる。音が古の字には生気を失ったという意味をもつものが多い。歹(がつ)は死者の残骨の形で、㱠(こ)は人が死ぬの意味となる。
そのほか
画 数 9画
部 首 きへん
音読み く(外)・呉音
こ・漢音
訓読み か-れる
か-らす
用例 枯淡(こたん)
枯樹(こじゅ)
栄枯(えいこ)


なかまのかんじ

木のある漢字
口のある漢字
十のある漢字
古のある漢字