書き順
なりたち
 形声 音符は玄(げん)。「集韻」に「船邊(せんべん)なり」とあり、「ふなばり、ふなべり」をいう。晋代の郭璞(かくはん・三世紀~四世紀)の「江の賦」に、「採菱(さいりょう・曲名)を詠じて以て舷を叩く」とある。これが最も古い用語例である。
そのほか
画 数 11画
部 首 ふねへん
音読み げん・呉音
けん(外)・漢音
訓読み ふなべり(外)
ふなばた(外)
用例 舷窓(げんそう)
舷側(げんそく)
両舷(りょうげん)


なかまのかんじ

舟のある漢字 
船2 航4
亠のある漢字
幺のある漢字
玄のある漢字  率5